カードローンの借り換えを考えるなら銀行カードローン?消費者金融キャッシング?

カードローン借り換え

カードローンの乗り換え先はどこがいいのでしょうか?

職業柄、よく受ける質問なのですが、消費者金融会社に勤める管理人が専門家の観点からお伝えします。

消費者金融や銀行カードローンの利用件数が2件3件と増えてきたなら、借り換えローンを検討してみるのも良いでしょう。

私たちカードローン・キャッシング業界では、借り入れ金額が100万円を超えてきたり、毎月の返済金額を負担に感じるようになってきたりすれば、借り換えローンを検討するタイミングだと言われています。

毎月の返済金額が軽減され、利用している金利が下がりますので、毎月の負担が軽減されます。

消費者金融カードローンと銀行カードローンで商品に違いがありますので、その違いなども確認していきましょう。

借り換えローンとは

おまとめローン

まず「乗り換えローン」についてですが、借り換えローンとは複数のキャッシング会社で利用しているものを1社にまとめて毎月の返済金額を軽減する商品(乗り換えローン/おまとめローン)を指します。

プロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融で商品化されていており、おまとめ、借り換えという名前の商品になっていることが多いです。

消費者金融でまとめる場合、現在利用している平均利息(過重平均利率と言います)より利率を下げて1本にまとめることにより、毎月の返済金額や全体の利息負担金額が軽減されます。

つまり、複数で借りている場合には、「現在」よりもお得なるわけですね。

借り換えローンは法律に保証されている

乗り換えローン

追加融資や追加契約に関しては、年収の1/3を超える借り入れを制限される総量規制が発動しますので、借り換え自体が法律違反になると思われがちですが、借り換えのための契約なら総量規制を超える金額でも契約可能と貸金業法は定めています。

つまり、乗り換えローン(おまとめローン)では消費者金融(プロミス、モビット、アコム、アイフル)を利用しても、銀行カードローン同様に総量規制は適用されません。

ややこしい話になってきたので、具体例で説明をしましょう。

Aさんは3件の消費者金融から借り入れがあります。

年収は300万でA社50万円、B社30万円、C社20万円の利用をしています。

この時点で3社の利用合計が100万円なので、これ以上の借り入れは法律の制限上不可になるということをお分かり頂けますよね。

しかし、借り換え(おまとめ)のための契約であれば、年収の1/3を超過しても良いとしているのです。

総量規制を超過しても良い理由とは

貸金業法

貸金業法はプロミス、アイフル、アコム、モビットなどの業者を取り締まる法律で資金需要者(利用者)の権利と保護を計るために制定されています。

つまり、総量規制とは多重債務者を世の中に作らないためのストッパー的役割を果たしているのです。

また、利用者に対して得のある契約なので、法律は借り換えローンを容認しています。

借り換えローン(おまとめローン)は消費者金融側に制限を設けていますので、併せて確認が必要です。

  • 過重平均利息より金利を下げて契約をする必要がある
  • 毎月の返済金額は現在の負担金額より軽減できる内容にしなければならない

大きな注意点もあり、消費者金融でまとめると返済のみの契約になるため、まとめローン分は追加利用不可となります。

借り換えローンを契約する段階で、総量規制いっぱいまで借り入れをしていることもあり、追加で利用できないと認識しておく必要もありますね。

審査内容は消費者金融ごとの審査によります

キャッシング会社

総量規制を超えて契約することが可能になっているので、会社ごとに審査基準が違います

  • 年収の半分までなら契約可能にする
  • 勤続年数が一定期間あれば契約を可能にする
  • 自社分の取引で延滞がなければ借り換え契約を容認する

様々な要因により契約の可否を決定しています。

あなたの利用している消費者金融会社も、借り換えや、おまとめの取扱いをしているはずです。

興味があれば、フリーコールに連絡をすることで審査が可能か回答してくれますので確認してみてください。

借り換えを取り扱っている消費者金融

消費者金融おまとめローン

現在、大手の消費者金融会社で乗り換えローン(おまとめローン)を扱っているのは下記の3社です。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

大手だと3社が借り換えを商品化しています。

消費者金融会社の大手4社のうち、現時点ではモビットのみ、まだ商品化していません。

消費者金融の借り換え契約は、自社分の取引期間と取引内容が優良かによって、契約可否の確認をしているので、現在利用している会社に問い合わせをしてみた方が良いでしょう。

また、新規契約時より借り換え契約をすることも審査次第によっては可能です。

銀行の借り換えローン(おまとめローン)

銀行おまとめローン

銀行カードローンの特徴は、総量規制対象外ということです。

この理由ですが、銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法を適用しているため、総量規制の概念がないという理由からです。

総量規制の概念はありませんが、審査基準は消費者金融よりも厳格なケースがあり、また、銀行は極端にリスクを極端に嫌がる傾向にあるので、審査基準は厳しい可能性が高いです。

しかし、銀行カードローンが全面的に借り換えローンにも利用可能としている商品もあるため、申し込みの段階で借り換えに利用予定ということを伝えれば、通常のカードローンと違った審査内容で契約ができる可能性も秘めています。

三菱東京UFJ銀行のバンクイック、楽天銀行、オリックス銀行などが銀行カードローンとしてはメジャーです。

限度額の範囲内でまとめることを基本にしているので、まとめた後も限度額の範囲内で利用できる契約になります。

まとめ

乗り換えローンおまとめローン

消費者金融キャッシングと銀行カードローンで借り換えローンの概要を簡潔に説明しました。

消費者金融カードローンでまとめると追加利用ができなくなるため、利用勝手が悪くなるというデメリットがあります。

一方、それに比較する銀行カードローンは、まとめた後も限度額の範囲内で利用できますが、結局債務が減っていないという点も指摘されることから、どちらで契約をするのかはユーザーの判断によります。

さらに掘り下げると、借り換えローンのメリット&デメリットが点在しますが、かなり複雑になりますので、今回は乗り換えローン(おまとめローン)の概要のみと説明とさせて頂きました。

実際に申し込みの際は、金融機関よりメリット、デメリットの確認をすることをオススメします。